和服を高く売るコツ、損をしないコツとは

和服,買取

和服買取で高く売るコツを知っておくと、損することなく和服を売ることが出来ます。

 

今後着る予定の無い和服や帯、和装小物などを売りたいと考えている方は多いと思いますが、どうせ売るならやはり少しでも高く売りたいと思いますよね。

 

しかし、どうしたら高く売れるのかということは意外に知られていないようです。

 

そこで今回は、和服を宅配買取で高く売るコツについて、幾つかご紹介していきたいと思います。

 

和服の買取専門業者に依頼する

和服,買取

まず、和服を宅配買取で高く売るコツとして一番大事なポイントは、和服の価値を理解している「専門の買取業者」に依頼することです。

 

「餅は餅屋」とも言いますし、やはり知識と経験が豊富な専門家に査定を依頼するのが一番高く買取して貰える可能性が高まります。

 

最近は和服の買取専門業者はたくさんありますし、しかもその殆どが無料査定を実施しているので、気軽に査定だけでも依頼しやすいです。

 

また、顔の見えない宅配買取に抵抗を感じる方は店頭買取や出張買取もしているところもありますので、自分の都合に合わせて利用できるのもメリットだと思います。

 

査定額の比較をする

和服,買取

和服の買取専門業者を選ぶ際には、実際に利用した人の口コミや評価を見ることも大事なのですが、買取相場を業者間で比較する事も大事です。

 

売りたい和服の種類に応じた買取業者毎の買取相場を比較して、最も高く売ることができそうな買取業者に査定依頼するのが近道となります。

 

買取相場は業者のホームページで買取実績など参考にしたり、実際に買取して貰った人のブログや体験談、その他インターネットの情報サイトなどから確認することが出来ると思います。
当サイトでも、評判の良い和服買取専門業者をご紹介しています。
どこの買取業者がいいか迷った際には是非参考にしてみて下さい。


和服を高く売るために査定前にしておきたいこと

和服,買取

和服の買取において、具体的な査定額は実際に査定して貰わなければ分かりません。
良さそうな買取業者を見つけることが出来たら査定依頼をしてみましょう。

 

 

宅配買取で高く売るコツとして査定に出す前に以下のポイントも押さえておくと良いと思います。
ちょっとしたことで買取額にも大きな差が出ることもあるので、是非実行してみてくださいね!

 

綺麗な状態で査定に出す

和服,買取

言うまでもありませんが、出来るだけ良いコンディションで査定に出すことが高い評価に繋がります。

 

シワ、色落ち、シミ、虫食い、汚れやカビの付着、匂い等があれば価値が大きく下がってしまいます。
出来るだけ良いコンディションに保つために日頃のこまめなお手入れが大切となります。

 

和服は一度袖を通したら汗が染み込んでいるので、着用後は日陰の風通しの良い場所で半日〜1日干ししておきましょう。

シワにならないように正しく折りたたで、一枚ずつたとう紙に入れて桐箪笥で保管しましょう。

長期保管の前には必ず着物専門のクリーニングに出しましょう。

 

きれいな状態で保管されていたものだと分かれば、印象が良くなります。
買取する相手も人間なので、ぞんざいに扱われていた和服よりも大切にされていた和服を高く買い取ろうと思うのは当然ですよね。

 

和服買取を依頼する前に、着物や帯の表面汚れを事前に取り除いてから査定してもらうだけで高く売ることができるので事前のお手入れは忘れずにしておきましょう^^

 

和服の種類・生地の質・サイズ・デザイン・作家や産地などをチェックする

和服,買取

高額査定につながる着物のチェック項目には「種類」「生地の質」「サイズ」「デザイン」「作家・産地」などが挙げられます。
売りたい和服について、査定前にしっかりチェックしておく必要があります。

 

種類

和服は普段着の小紋より訪問着・振袖の方が買取価格も高くなります。
状態によっても買取額は変わってきますが、やはり高額買取を狙うなら訪問着や振袖などが有利というのは間違いなさそうです。

 

生地の質

生地は正絹でないと高額買取対象にはならず、ウールや化学繊維の着物に高額査定がつくことは、ほとんどないようです。
中には正絹以外の着物は買取を断る業者もあるようです。

 

サイズ

和服,買取

サイズはお直しが出来る大きさや、どの人でも着られる大きさが好ましいとされています。
目安としては、丈が155〜160cm以上ある和服が高額買取の対象となっています。
小さ過ぎたり特殊なサイズだと中々買い手がつきにくく、リサイクル用の生地にしかならないため、買取価格はかなり低くなってしまいます。

 

デザイン

和服も洋服と同じ様に色や柄、デザインなど流行がありますので、一つの目安として10年以内のデザインの和服の方が高く売れる傾向にあります。
ただし当然、最新であればある程、高額買取となりますので、売ろうと思ったらなるべく早く査定に出すのが一番いいと思います。

 

作家・産地

和服,買取

作家物や産地物の伝統工芸品などは高額買取が期待できます。

 

大島紬や結城紬など産地物の伝統工芸品や、羽田登喜男・由水十久など有名作家に作られた作家物の着物は、一般の着物と比べると大量生産されていない分、希少価値の高い着物となります。
このような価値の高い着物には証紙が発行されていますので、あれば必ず一緒に査定に出して下さい。

 

これがあるのと無いのでは評価が大きく違ってきますよ^^
もし見当たらない場合は、端切れと共に「たとう紙」の中に入っていることもあるので、そちらを確認してみてください。

 

和装の買取は、ある程度知識がないと足元を見られてしまい、市場価値に見合っていないような安い金額で買い取られてしまうことも多々あります。
買取依頼を実行する前に、売りたい和服がどれぐらいの価値があるものなのか大体の買取相場等、インターネットなどを駆使して少し調べておくといいと思います。

 

全く知識がないのと、少しあるのとでは、だいぶ結果が変わってきますよ。

 

その他小物も一緒に査定に出す

和服,買取

中には長襦袢や和装小物の買取は受け付けていない業者もありますが、多くの買取店ではそれら小物の買取もしてくれると思います。
通常、かんざしや根付、帯揚げ、帯締め等は高価買取されることは少ないのですが、着物のみ査定に出すよりも、これら小物類などもまとめて出すことで買取金額がアップする可能性があります。

 

少しでも買取額をアップさせたい方は、使っていない下駄や帯止め等の小物がないか、確認してみましょう。


和服を売る方法はいくつかあります

和服を売る方法は幾つかあります。

着物買取業者

リサイクルショップ

質屋

オークションやフリマアプリに出品する

 

当サイトをご覧いただいている方は和服を売るのが初めてという方も多いかと思います。
これだけ和服を売る方法があるとなれば、どれを選べばいいのか悩んでしまうかもしれませんね。

 

そこで、このページでは和服を売る方法についてそれぞれの特徴などをまとめてみました。

 

 

着物買取業者

和服,買取

和服を売る方法で迷ったら、着物買取業者がおすすめです。
他の方法に比べて高額査定が期待できることや、簡単に和服を売ることが出来る手軽さなどがメリットです。

 

例えば、お店まで行かなくても自宅から和服を売ることが出来る「宅配買取」や、お店の人に自宅まで来て貰える「出張買取」など、自分に合う買取方法で、お手軽かつ高く和服を売ることが出来ます。
利用者も多く、初心者にもおすすめです。

 

メリット

・着物の専門知識を持っている査定士による査定が受けられるので、他の和服を売る方法に比べて高価買取して貰える可能性が高い。

 

・査定士は、評価すべきポイントなどをしっかりと把握しているので、特に価値の高い和服や状態の良い和服などは、きちんとそれに見合った価格で買取してくれる。

 

・リサイクルショップや古着屋などでは買取を断られてしまった古い和服でも、着物買取業者に持って行けば買取してくれるケースも有る。

 

 

デメリット

・和服の評価の仕方や販路などの違いによって、それぞれの業者によって買取価格が大きく異なる場合がある。
→一社だけではなく、複数の買取業者に査定して貰うことによって査定額の比較をすることが大事。

 

・査定にかかる費用は無料のところが多いが、中には手数料や返送料などが発生することもある。
→利用する前にサービス内容や費用について詳しく確認しておく必要がある。

 

 

リサイクルショップ

和服,買取

リサイクルショップは家具や家電、日用品などさまざまなアイテムを取り扱っていることが多いので、和服以外にも売りたいものがある時は同時に買取して貰えるのが強みです。
ただし、お店によっては和服の買取をしていないところもあるので、事前に確認しておく必要があります。

 

買取価格に関しては、着物の知識がない人が査定するケースが多いので、着物買取業者に比べると安めの設定となっています。

 

メリット

・全国的に多数店舗があるので、自宅から行きやすい場所にあることが多く利用しやすい。

 

・開店中であれば、予約なしでも好きな時に持って行くことが出来る。

 

デメリット

・和服の買取をしていないリサイクルショップも多いので、事前に確認する必要がある。

 

・基本的に、着物買取業者のように専門知識のある査定士が在籍しているわけではなくアルバイトが査定することが多いので、
着物の価値を把握しておらず、他の和服を売る方法に比べると買取価格が安くなってしまう傾向にある。

 

質屋

和服,買取

質屋は和服に限らず、貴金属やブランド品や専門的な商材など、幅広い品物に対して査定額をつけます。

 

ただし、質屋はあくまで品物を担保に「融資」をするのがメーン事業であって、質流れした商品を転売して儲けることが目的ではありません。
担保に入れた品物が返済されずに3ケ月を経過すると、所有権が質屋に移り、担保品は売りに出されるようになっています。
ここではあくまで和服を売る方法の1つの選択肢としてご紹介します。

 

メリット

・その場で現金化して貰えるので、今すぐお金に換えたいという方には利用価値がある。

 

デメリット

・幅広いジャンルの品を取り扱っているため、和服の査定に専門性はない。また、和服を高く売りさばける販売ルートを持っていないことが多い。
→査定額は着物買取業者よりも安めの傾向にある。

 

オークションやフリマアプリに出品する

和服,買取

インターネットを利用して、いつでもどこでも不要品を自宅で売ることが出来る手段として、最近では若い層を中心に利用者が急増中です。
価格を自由に決めることが出来るので、上手くいけばお店に買い取って貰うよりもはるかに高値で売れる可能性があります

 

しかし難点は、出品に手間がかかることや購入者とのトラブルが多いことです。
質問等にも答えられるよう、ある程度の和服の専門知識も必要となってきます。
これらを全て一人で行うことになるので、未経験の方には和服を売る方法としては、やや敷居が高いかもしれません。

 

メリット

・パソコンやスマホがあれば、いつでもどこでも好きな時に和服を売ることが出来る。

 

・価格を自由に設定することが出来るので、自分が納得のいく価格で売れやすい。

 

デメリット

・手間がかかって面倒な作業が多い。

 

以上が、和服を売る手段になります。
「少しでも高く売りたい」「手間をかけずに売りたい」「信頼できるところに売りたい」など、人によって優先したいポイントがあると思います。

 

それぞれメリットやデメリットを比較しながら、是非ご自分に合う方法を選んでください。

 

 

和服の買取サイトをご紹介します

和服の買取サイトはいろいろあるので、どこがいいか迷ってしまいますよね。
高値で売るためには、出来るだけ評判の良い和服の買取サイトを選ぶことが大切です。

 

そこで、このページでは口コミなどで評判の良い和服の買取サイトを幾つかピックアップし、特徴をまとめてみましたので、是非参考にしてみて下さい。

 

スピード買取.jp

和服,買取

>>スピード買取.jpの詳細はこちら!

 

和服だけではなく、ブランド品、宝石、アクセサリー、時計、毛皮など、さまざまなアイテムの買取をしているスピード買取.jp。
現在は誰もが知っている某有名芸能人の方ををイメージキャラクターに起用しており、CMや広告などでも有名な大手買取業者です。

 

知名度が高いことはもちろんですが、何よりも安心・安全を第一に考えて法令遵守を徹底している買取業者です。
初めての買取で不安があるという方や、和服の買取サイトでどこがいいか迷ったら、ここがおすすめです。

 

買取方法について

買取は出張買取、宅配買取、持ち込み買取の中から好きな方法を選ぶことが出来るみたいですが、スピード買取.jpでは特に出張買取に力を入れています。

 

問い合わせから最短30分で出張可能」とホームページにも記載してあるように、名前通りのスピーディーな買取をしてくれるところに人気があるようです。
出張買取は、基本的に離島を除く全国に対応しているとのことですが、地域によっては対応不可となる場合もあります。
そのような場合は宅配買取にて対応して貰えますが、酒類やガラス製品、陶磁器類などの壊れる可能性がある品は送ることが出来ません。

 

また、宅配買取ですと査定結果に満足できなかった場合や、査定しても値段がつけられなかった場合の返送料は依頼者負担となってしまうのが少し気になります。
持ち込み買取に関しても、店舗はないので本社のある東京オフィスまで行かねばなりませんので、利用できる人は限られていますね。

 

やはり、基本的には出張買取を利用するということになります。

 

まんがく屋

和服,買取

 

まんがく屋は着物以外にも骨董品や貴金属類、時計、切手、コイン、ブランド品、毛皮など、さまざまなアイテムの買取を行っている総合買取専門店です。
その取扱い点数は10万点以上と言われているので、和服以外にも売りたいアイテムが色々ある場合は一度で買取して貰える可能性が高いので特におすすめです。

 

まんがく屋は「フリーダイヤルの対応が良い」「諸費用が無料」「すぐに来てくれる」などの理由で、和服の買取サイトの中では常に上位の人気を誇っています。
リピーター率は80%以上
リピーターからの紹介も多いのが特徴です。

 

買取方法について

買取は出張買取、宅配買取、店頭買取を行っているようですが、メインは出張買取と宅配買取のようです。
出張買取は、問い合わせから訪問までがとにかく早いのが特徴でもあり、口コミには1時間程度で来てくれたというものもありました。

 

出張対応地域は日本全国とありますが、地域によっては訪問日程がうまくあわない場合がどうしても出てきてしまうようです。
その場合は宅配買取でも対応してくれます。もちろん、自宅に来られるのはちょっと抵抗があるという場合でも宅配買取の利用が可能です。
送料、査定料、キャンセル料はすべて無料で利用できますので、査定だけでもお願いしたいという場合でも気軽に依頼できそうです。

 

しいて言えば、専用のキットが用意されていないので、自分で段ボールなど梱包資材を用意する必要があることがややネックかもしれません。
店頭買取については現在、大阪の本社のみ行っているということなので利用できる人は限られていると思います。

 

買取プレミアム

和服,買取

>>買取プレミアムの詳細はこちら!

 

買取プレミアムはスピード買取.jpと同じ「株式会社BuySell Technologies」が運営しており、出張買取をメインにしているなど、基本的なシステムはスピード買取.jpとほぼ同じです。

 

違いとしては、買取プレミアムはスピード買取.jpに比べて、より丁寧できめ細やかなサービスを心掛け、高価買取に力を入れているところにあります。
それに対して、スピード買取.jpでは、申し込みから買取までをスピーディーに行うことに重点を置いているようです。

 

同じ会社が運営しているので、内容はほぼ一緒と思ってもいいと思いますが、どちらにするか迷ったら、このような違いがあるということを念頭に置いて選んでみてください。

 

買取方法について

出張買取、宅配買取、店頭買取の3つの買取方法がありますが、メインになっているのは自宅まで来て査定してくれる出張買取です。

 

問い合わせから訪問まで30分という実績もあるほどなので、うまくタイミングが合えば当日に来てくれる可能性もあります。
もちろん、出張料や査定料など費用は一切かかりません。

 

査定結果に納得できたら、その場で商品を引き取りして貰って現金払いをして貰えるシステムとなっています。
その他の買取方法についてもスピード買取と全く同じシステムとなっているようなので、ここでは省略します。詳しくは@のスピード買取の欄をご参照ください。

 

福ちゃん

和服,買取

>>福ちゃんの詳細はこちら!

 

出張買取をメインに、宅配買取と店頭買取も行っている福ちゃん。
和服だけではなく、古銭、切手、ブランド品、骨董品、宝石、貴金属、毛皮、お酒、洋服などさまざまなアイテムの買取を行っています。
買取実績は20万件以上。
買取できないものはないというぐらい、買取成約率が97%を超えています。

 

中尾彬さん、池上志乃さんご夫妻をイメージキャラクターに起用していますが、実はこのお二人も福ちゃんを利用したことがあるそうです。
有名人が利用した和服の買取サイトということで、クリーンなイメージが強いです。

 

買取方法について

出張買取と宅配買取、店頭買取をしているようです。
どの買取方法も、査定にかかる費用は一切無料となっていますので安心して利用することが出来ます。

 

出張可能エリアは現在35都道府県と拡大中ですが、他の和服の買取サイトに比べると対応エリアがやや広めという印象です。
関東・関西から離れた地域でも訪問してくれる場合がありますので、まずは問い合わせで確認してみましょう。
対応していない地域では、宅配買取を利用することが出来ます。

 

店頭買取は現在、東京に1店舗、大阪に3店舗ありますが、限られた人しか利用できないのが残念ですね。
福ちゃんは出張買取と宅配買取がメインと言っても良いと思います。

 

以上が、評判のよい着物買取専門業者のご紹介になります。
お持ちの和服を売却したい時、ぜひご参考になさってくださいね。

和服を売るなら宅配買取がおすすめ!その理由とは?

和服,買取

和服の宅配買取に人気が集中している理由は、自分の好きなタイミングで簡単に和服を売ることが出来るという手軽さと、リサイクルショップや質屋に売るよりも高く売れるという点にあるようです。

 

事実、リサイクルショップなどでの和服の買取相場はそこまで高くはないみたいです。

 

もちろん品や状態などにもよりますが、一般的には数百円〜良くて数千円だと言われています。

 

これでは、わざわざ時間や交通費、労力をかけてまでお店に持って行く意味が分からなくなってしまいますよね。。

 

でも、もう使わない和服を家にこれ以上置いておいても場所を取るだけだし、手放したいけれど、どうにかならないだろうか?と思っている方にとって、これらのデメリットを解消してくれるのが「宅配買取」です。

 

和服の宅配買取の流れについて

和服,買取

和服の宅配買取は、実店舗型のリサイクルショップや質屋などとは違って、インターネットを中心に和服の買取を行っています。

 

インターネットや電話で査定依頼の申し込みをすれば無料で宅配キットを自宅に送ってくれるので、送られてくる宅配キットの段ボールに売りたい和服を入れて送るだけ。
至ってシンプルな方法なので、いつでもどこでも好きな時に和服を売ることが出来ます。

 

近くに和服を買取してくれるお店が無いという場合でも、宅配買取なら基本的に全国に対応しているので心配不要です。
忙しくて時間が無い人でも和服の宅配買取なら自宅に居ながらサクッと出来ちゃうので、最近は「和服を売る=宅配買取」というのが定着しつつあるようです。

 

査定結果は数日後にメールや電話で知らせてくれますが、もちろんその提示された査定価格で売るか売らないかは自由に決めることが出来ます。
売る場合は後日に銀行振り込みされるシステムとなっています。

 

一方で査定価格に納得できず今回は見送りたいという場合でも無料で品物を返送してくれる買取業者は多いので、とりあえず査定だけお願いしたいという場合でも利用しやすいと思います。

 

対面での査定だと、何だか申し訳なくなって断りづらくなってしまうという方も居ると思いますが、宅配買取なら顔の見えないやりとりなので、査定価格に納得できない場合でも気軽に断りやすいので心配不要です。

 

しかしその反面、査定に関して詳しい説明を直接受けたり、疑問点を解消することなどが難いというデメリットもあります。
ですが、そこはメールや電話でも構わないという方であれば、問題なく利用できるのではないでしょうか。

 

和服の宅配買取をおすすめする理由について

和服,買取

また、和服の宅配買取を利用するメリットとして大きいのは、実店舗型のリサイクルショップや質屋などに比べると、買取価格がやや高めの傾向にあるということです。
これが和服の宅配買取をおすすめする一番の理由です。

 

店舗を持たないことで人件費や賃料など余分なコストをかけずに、その分買取価格にもしっかりと還元できることや、和服の買取に特化しているので、買取後の販路が充分に確保されていること、知識が豊富な専門の査定士がしっかりとした査定を行っていることなどが理由として挙げられます。

 

さまざまなアイテムを扱っているリサイクルショップや質屋などでも和服の買取はしてくれるかもしれません。
ですが、専門的に買取を行っているわけではありませんので、和服の正しい評価の仕方や相場を把握しているとは言い難く、あまりおすすめ出来ません。

 

和服の査定はとても難しいので、見る人によっても価格が全然違ってくるということもあり得ます。
そこで正しい評価をして貰うには、やはり専門知識のある和服を専門的に買取している業者に査定して貰うことが一番早くて確実な方法だと思います。

 

専門業者であれば、宅配買取だけでなく、出張買取をおこなっているところもあります。
すぐに査定してもらいたいという場合には、出張買取もおすすめですので、ぜひ一度査定だけでも行ってみてはいかがでしょうか?


和服の種類について。買取OKなのはどれ?

和服,買取

和服とは「日本で民族着として着られている衣類」という定義がありますが、具体的にどのようなものでしょうか。
一覧にしてまとめてみました。

 

女性の和服(普段着)

小紋(こもん)、紬(つむぎ)、浴衣(ゆかた)など

 

女性の和服(正装)

振袖(ふりそで)、引振袖(ひきふりそで)、黒留袖(くろとめそで)、色留袖(いろとめそで)
訪問着(ほうもんぎ)、付け下げ(つけさげ)、喪服(もふく)、袴(はかま)など

 

男性の和服(普段着)

作務衣(さむえ)、色無地(いろむじ)、浴衣(ゆかた)、甚平(じんべい)、丹前(たんぜん)、法被(はっぴ)など

 

男性の和服(正装)

五つ紋付(いつつもんつき)、黒の羽二重地(はぶたえ)、アンサンブル、縦縞の仙台平(せんだいたいら)など

 

子供の和服(男児・女児)

熨斗目(のしめ)、お宮参り(おみやまいり)用着物、七五三(しちごさん)用着物など

 

日本で着られている和服は上記にあげたものがよく知られているものになります。

 

買取対象になっている和服の種類はどれ?

和服,買取

和服と言っても着物から浴衣まで幅広くあります。
その中でも、着物買取業者の買取対象になっているものをピックアップしてみました。

 

振袖、引振袖、黒留袖、色留袖、訪問着、付け下げ、喪服、袴、子供用着物

 

また、以下のブランドや著名作家物、人間国宝作品は積極的に買取しているところが多く見られました。

 

本場結城紬、大島紬、牛首紬、米沢紬、上田紬、郡上紬、塩沢紬
加賀友禅(かがゆうぜん)、琉球絣(りゅうきゅうかすり)、辻が花(つじがはな)

 

だいたいのところでは、上にあげた和服が買取の対象ですが、業者によって違いもあります。
お持ちの品が対象内になっているかどうか気になる方は、電話でも確認ができるので、気軽に聞いてみましょう。

 

和服の付属品について。一緒に査定すれば買取額が上がるかも。

和服,買取

また、和服についている付属品を一緒に査定依頼することで、買取額が上がる可能性もあります。

 

和服の付属品の一覧は以下になります。

 

帯(丸帯、袋帯、角帯、名古屋帯、袋名古屋帯、兵児帯(へこおび)、半幅帯、掛下帯、祝帯、石帯(せきたい)、単帯、踊り帯、腹合わせ帯、抱え帯、軽装帯)
伊達締め、男締め、帯揚げ(おびあげ)、帯板(おびいた)、帯締め、帯留、頭巾、宗十郎頭巾、烏帽子、綿帽子、角隠し(つのかくし)
白衣(びゃくえ)、裾除け、褌(ふんどし)、股引、猿股、湯文字(ゆもじ)、腹巻、腰巻、腹掛け、前垂れ、半衿、伊達襟、晒、数珠、根付、簪(かんざし)
笄(こうがい)、櫛(くし)、根掛、手絡、扇子、団扇、巾着、草鞋、雪駄(せった)、下駄、田下駄(たげた)、ぽっくり下駄(ぽっくりげた)、草履(ぞうり)、足袋(たび)
脚絆(きゃはん)、畳紙(たとうがみ)、魚袋(ぎょたい)、懐剣(かいけん)、組み紐、真田紐、襦袢、衣桁(いこう)

 

これらのものがあれば、試しに一緒に出してみてはいかがでしょうか。